【レビュー】アニメ『GANTZ』がヒドすぎてツッコミどころ満載

この記事で使用している画像はアニメ『GANTZ』からの引用です。

思ったコトをそのまま書きます!

アニメレビューの最低評価

どうも、こーとーです。

 

今までいくつものアニメをレビューしてきていますが、

各レビューで最後に100点満点で点数をつけることが恒例となっております。

 

その評価がわかりやすいように、

81~100点 見なきゃ損する神アニメ

61~80点  見てほしい良作アニメ

41~60点  ぼちぼちな普通のアニメ

21~40点  見なくていい駄作アニメ

20点以下   悪すぎて逆に見てみてほしいアニメ

というふうに、ランク付けしているのですが、

 

この中でも最低ランク、20点以下「悪すぎて逆に見て欲しいアニメ」ってどんなレベルやねん笑

と、ツッコまれたので今回、個人的に最低ランクの評価をつけているアニメ『GANTZ』を紹介します笑

 

いつもどおり、良いところと悪いところに分けてレビューしていきます!

アニメ『GANTZ』の良いところ

原作が大人気漫画なので話は面白い

このアニメの原作となるマンガは超大人気で、

アニメ化、ノベル化、実写映画化、CG映画化を果たしています。

それはやはり、原作が人気作品だったからと言えるでしょう。

実際原作を読んでいる僕は、話の大筋は知っているので、

あのシーンをアニメで観てみたいなぁなんていう気持ちで

見ることも出来た感じです。

岸本恵の大きな胸が揺れる。

実写映画では夏菜が演じた岸本恵。

アニメでも全裸で登場します笑

ピチピチのガンツスーツを着た揺れる胸が見れるのは加点対象←

 

アニメ限定ストーリーあり

原作では語られない玄野星人編があります。

内容としてはGANTZのいたずらで玄野自身が星人に仕立て上げられ、

単に人VS人の殺し合いに発展するストーリー。

 

そして最終回もアニメ限定ストーリーとなっているのですが…

後述します…笑

 

アニメ『GANTZ』の悪いところ

気持ち悪いカメラワーク

なんか、ちょっとアニメ観たらわかるのですが、

ヌヌヌ。ヌルヌル。ズズン!

みたいなカメラワークを乱用しすぎて気持ち悪すぎです笑笑

一枚絵をズームで動かしてるので(?)

寄ると画質荒くなるし、この演出やたら多いし、

なぜ、GOサイン出た?って感じです。

 

 

次のページでは、まだまだ続くアニメ『GANTZ』の悪いところ!

ラストシーンの考察も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。