『ポケモン』の”厳選”にドン引き

この記事は9分で読めます。

ポケモンの”厳選”ってなに?

”厳選”が気に食わない理由

他のゲームもヤバい

まず、最初に。

ゲームの遊び方は人それぞれ。

誰かの考えが正しくて誰かが間違っているみたいなのは無いという事を大前提として、記事を読んでいただけると嬉しいです。

ポケモンの”厳選”という遊び方

ポケモンはAG・DP世代

どうも、こーとーです!

 

僕はめちゃくちゃポケモン好きで、

アドバンスジェネレーションからダイヤモンド・パールあたりが世代です。

ゲームも、リーフグリーン・エメラルド・ダイヤモンド・プラチナを四六時中やっていた時期があり、

僕がカタカナを覚えたのはポケモンおかげと言っても

過言ではないくらいです。

 

しかし、そんな幼少期に遊んでいたゲームの遊び方が随分と変わってしまっていることを知り、気になったので調べてみました。

”厳選”ってなに?

みなさんポケモンの”厳選”ってわかりますか?

 

”厳選”というのは、平たく言うと理想のポケモンをゲットするまでの作業のことです。

 

簡単な例でいうと、

 

野生のポッポを捕まえた。

個体値等、プレイヤーの理想のポッポではなかった

逃して他のポッポを捕まえに行く

 

というサイクルをただひたすら繰り返し、

理想のポッポをゲットするというもの。

(別にポッポである理由はない)

実はこの作業は、最新作のゲームだけではなく、

僕がやっていたリーフグリーンやエメラルド・ダイヤモンド・プラチナにもあった遊び方のようです。

”厳選”が気に食わない理由

そんな”厳選”が僕は気に食わない。

ポケモンのゲームでは、

ポケモン1匹1匹が、性格、性別、特性、個体値を持っており、

僕が持っているポッポと、君が持っているポッポは、

実は違うんだぞーってのが面白いところ。

自分のもっているポッポが唯一無二だから面白いと言うのに、

厳選というのは、ポッポなら性別はどちらでこの性格であの特性で個体値はできればこんな感じが理想というのに向かってみんなが長時間作業をし、

みんなが同じような理想のポケモンを持つということです。

 

もう、台無しでしょ?

 

 

次のページにまだまだ続く!

”厳選”に2000時間!?しかも厳選しないと通信で遊べないってどゆこと!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。