中国版カイジがヤバ過ぎる!映画カイジ小ネタ集

まだまだ続くよカイジ愛

どうも、こーとーです!

皆さんカイジは好きですか?

好きだ!って方は是非こちらの記事も楽しんでいただけると思うので

読んでほしいです。

さて、本題ですが、

カイジファイナルゲームをまだ見ていない人も

もう見たという人も楽しめる映画にまつわる小ネタ紹介していきます!

 

篠田麻里子やらかす

実は出演していた篠田麻里子。

登場時間は体感30秒程度でした。

ですが、短い間で割と振り切った演技を見せてくれました。

まさに上から麻里子って感じのキャラ(?)←

引用:カイジファイナルゲーム公式サイト

AKBファンはどこで活躍するのか楽しみにしていた方も居たかもしれません。

しかし、公開直後のツイートにてやらかしてしまいます。

気づきますか?

ハッシュタグが #ガイジファイナルゲーム と誤字ってしまっています。

誤字で濁点がつくケースが予測変換機能しか思い浮かばないため、

日頃からこのような単語を使っているのではと推測される始末…

 

一番濁点がついてはいけないところについてしまった

悪魔的誤字でした笑

 

藤原竜也の発言に期待が集まる

カイジファイナルゲームの初日舞台挨拶で、藤原竜也はカイジというキャラクターに出会えたことに感謝を述べ、

さらに、記者からファイナルということについてどう思っているのか聞かれたところ

 

「みなさんの応援次第でつづけさせていただけるんじゃないでしょうか。」

「帰ってきたカイジみたいな笑」

 

と言いつつ、「こういうこと言っちゃいけないんだよ笑」とごまかしていました。

会場が、ざわざわ…してましたね笑

帰ってきてくれると嬉しいです。

 

中国版カイジが色々とやばすぎる

カイジファイナルゲームが終わり、

カイジロスがやってきました。

 

カイジシリーズは1,2と今回のファイナルゲームと全て見きったので

もう一度見返すかなぁと思ったのですが、

なんとまだ見ていないカイジ映画がありました!

 

それが、中国版映画カイジです!

中国版?パクリ???

と思う方もいるかも知れませんが、

中国でも漫画が人気があったのか、映画へのお金のかけ方がすごく、

キャスティングもマイケル・ダグラスなど本気度を感じます。

 

でもツッコミどころが多すぎるので、とにかくこの予告編を見てみてください!

おおおお!お?

映画タイトルは『カイジ 動物世界』というもので、

なんだかハリウッドばりの仕上がり。

もちろん、原作の作者である福本伸行先生も携わっています。

 

予告編を見てまず突っ込まずに居られないのは、

わけのわからない怪物やピエロが登場しアクションが多いところ。

 

でも、内容はエスポワール内での『限定ジャンケン』っぽいですよね。

しかもちゃんと別室行きの下りや別室からの復活劇も描かれていそうです。

 

でも、負けたら怪物の餌食になるという設定(?)から考えるに、

罰ゲームが地下帝国行きというのが中国ウケが悪いのでしょうか。

それともアクションがしたいだけ???

 

どちらにせよ、見てみようと思いました笑

まとめ

いかがだったでしょうか。

なんだこの中国版カイジはって感じですよね笑

なんとNetflixで見れるようなので、レビュー記事書いてみますね!

 

カイジ小ネタ集面白かった!って人はシェア!

中国版カイジヤバすぎって思った人もシェア!

その他のカイジ映画小ネタはコメント!

お待ちしております!

 

いっじょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。