『鬼滅の刃』が思ったよりつまらない理由

この記事に使われている画像の引用元はすべてアニメ「鬼滅の刃」公式サイトからです。

つまらないなら読まなければいいはナシで

どうも、こーとーです。

今流行りのジャンプ作品といえば、

ほとんどの人が鬼滅の刃と答えるでしょう。

ですが、本当に1ヶ月前の俺に鬼滅の刃の話を振られても、

主人公の名前すら知らないレベルでした笑

 

ここまで流行っていると、話題にも上がってきます。

会話についていくためにもアニメを見始めることに。

だから、つまらないなら見なければいいって意見はナシで

 

社会現象になるほど流行っているのだから、

間違いなく面白いのだろうと、

期待してNetflixで見始めたのですが…

何話か見ていってもなかなか面白くなってきません。

 

なんか、黄色い髪のキャラクターが人気だったから

そのキャラが出てきてから面白くなっていくのかな?

いや、出てきたけど、まだつまらないぞ…

 

でもきっとこんなに流行ってるんだから

どこからか絶対に面白くなるはずだ!!

と思いながら最後までハマらず最終話を迎えました…笑

 

先になぜつまらないのか結論から言うと、

鬼滅ブームで盛り上がりすぎて、ハードルが一気に上がり、

流行に乗って見始めた僕のような人からすると、

社会現象になるほどの面白さがわからなくてガッカリする!

って結論になりました。

 

ここからは鬼滅の刃の良いところと悪いところを考察していきます。

 

 

 

 

以降ネタバレを含むので注意

 

 

 

 

鬼滅の刃のいいところ

もちろん鬼滅の刃も全てが悪かったわけではありません。

社会現象になるほどの面白さじゃないよな?ってだけで、

鬼滅の刃のいいところももちろんあります。

まずは、いいと思ったところをまとめていくことにします。

アニメしか見てないミーハーが語っているということだけは

ご了承くださいませ笑

絵が綺麗

漫画は読んでないので知らないですが、

バトルシーンなどにCGが使われていたりと、

スピード感のあるバトル展開がかっこいいですし、

技もとてもキレイでかっこいいです。

 

世界観、時代設定など

大正時代少し前から物語が始まるのですが、

その時代設定、世界観が良きだなぁと思います。

主人公の炭治郎が使う技、

水の呼吸の10個の型も葛飾北斎チックな水の描き方で

和を感じてかっこいいです。

鬼たちの様々な血鬼術(スキル)

やはり、アクションシーンが映えるのは、

敵キャラのおかげでもあります。

鞠(まり)や鼓(つづみ)、蜘蛛の糸など、

鬼によって戦い方が様々。

どのように攻略していくのかが見ものです。

 

善逸の活躍に期待したくなる

鬼滅の刃ではキャラの濃い仲間たちが登場するのですが、

やはり善逸くんは可愛いし、かっこいい。

記事冒頭で言っていた黄色い髪のキャラクターです。

とくに、技、霹靂一閃には痺れました笑

いつ、自分が強いということを自覚するのだろうと。

その時はきっともっと強くなるんだろうなとか。

 

禰豆子を鬼から人間に戻すために鬼舞辻無惨を倒すという

メインストーリーよりも、

善逸のサイドストーリーだけ追っかけてました笑

 

次のページでは鬼滅の刃の悪いところを考えていってます。

31 COMMENTS

s

鬼滅の刃はアニメだけ見るととても簡単に倒せそうに見えますが、あくまでアニメだからです。

アニメの最終話の煉獄杏寿郎が伏線です。
その次からがどうしようもなく心が痛くなる話ばかりになります。
私もアニメだけ見た時、え??あ、こんな感じ??とはなったのですが
最近暇すぎて漫画を読んだところ目が離せなくなりました。笑
多分本当にハマってる人達は漫画を読んでる部分もあると思います。
アニメ二期が始まったらきっと少し意見も変わると思いますー。
まあ人それぞれですけどね!

返信する
こーとー

コメントありがとうございます!
続きがかなり絶望感ある状況になるのですね!
アンチよりな意見を書かせていただきましたが、アニメ2期も見ていこうかなと思っております!
柱と炭治郎の関係など、もっと密になっていけば展開も変わるのかなと勝手に予想してて楽しみにしている部分もあります!
もしハマったら、話し相手になってくださいー!笑

返信する
たんじろー

本日アニメ見終えた者です。

柱が十二鬼月を瞬殺したとありますが、瞬殺したのは下限の五の鬼ですよ。
本当に強いのは十二鬼月だから、パワーバランスについてはアニメの段階ではあなたの言うのとは異なると思いました。

返信する
こーとー

アニメを一周していただけなので、間違った解釈をしていたら申し訳ないのですが、十二鬼月には上弦に6体、下弦に6体、合計12体の鬼で出来上がっているグループだと認識しています。

記事で記載した「蜘蛛の鬼」が下弦の五の鬼ということは、十二鬼月の一員ということです。強いと恐れられていた十二鬼月の一員である蜘蛛の鬼が、瞬殺だったことに驚いたという事を伝えたかった次第です。(説明不足でしたらすみませんでした)

もちろん、上弦の六体の鬼が下弦の鬼たちに比べとても強いのは想像できるのですが、アニメ一期を最後まで見た段階では、「柱ってめちゃくちゃ強いんだな」て認識で終わります。

あくまで、アニメ一期しか見ていない感想なので、今後どのような戦いが待ち受けているのかとかは知りません。

映画や、アニメ続編を楽しみにします!
貴重なコメントありがとうございます!

返信する
ケンシロウ

てか、鬼が出てくる時点でくだらない
リアルじゃ起こり得ないことが起きるのが漫画の魅力だけど、
鬼じゃなwww
バカバカしすぎて読んでみようという気にならない 昔話じゃ
あるまいし

約束のネバーランドとかもくだらないけど、鬼が流行ってんですかね

あと、いい年してこんなのとか少年漫画雑誌読んでる人たちの精神年齢が
知りたいです

返信する
こーとー

いろいろな価値観がありますね!
僕には「鬼が出てくる時点でくだらない」は、さすがに共感できないですね笑
現実味のない敵が気に食わなかったということなら、ヤンキーとかマフィアとかが良かったんでしょうか?笑
もう少し許容範囲を広げて作品を見れたほうが、マンガやアニメを楽しめると思いますよー!
貴重なコメントありがとうございます!

返信する
ケンシロウ

あんたもこの漫画あんまり好きじゃないんじゃないのかよ
変な野郎だな

なにが『許容範囲を広げて作品を見れたほうが、マンガや
アニメを楽しめると思いますよー』だ くだらない人間の
くせに人に説教するなよ

4行目になんも面白くもねえのに笑とか書いてるしよ 
ほんとくだらねえ
くだらねえ人間だと指摘してもらえたんだ 感謝しろよ

返信する
こーとー

また覗きに来てくれてありがとうございます!
実は記事中でも、面白くないわけではないのです。と書かせていただいてます。
想像していた記事内容と相違があったようでしたらすみませんでした。
くだらない人間のくだらないコメント返しに、またコメントしていただけるケンシロウさんは優しい方なんですね!ご指摘もありがとうございます!
これからもコトブログをよろしくおねがいします!

返信する
匿名

アニメしか拝見していませんが、そこまで面白いとは思わなく何故人気なのか分からないです。
個人的にはオーバーロードや転すら、幼女戦記、楯勇者のほうが好きですね。

返信する
こーとー

盾勇者はみました!めちゃくちゃ面白いですよね!
その他、おすすめ作品まだ見れてないので見てみます!
コメントありがとうございます!

返信する
ゴリライス

鬼滅の刃って俺も面白いって聞いたから見てみたら、予想以上につまらなかった
まず主人公が真面目過ぎる そして髪の毛黄色い子のつまらなすぎるギャグで失神するところでした あと、鬼を倒していくだけで話が淡々と進んでいくのがやだ あと、ねずこ可愛くなるなよ 主人公の腕でも噛みちぎったらもうちょっと面白くなるのにな

返信する
こーとー

善逸(髪の毛の黄色い子)のギャグは終始寒かったですよね…苦笑
話が淡々と進んでいく感じよくわかります。物語に引き込まれないんですよね…確かに禰豆子がもう少しだけ厄介なキャラだったら、全然違った物語になってたかもしれませんね。
コメントありがとうございます!

返信する
  

俺少しネットでコミックを読んだけど、つまんね
どうしてこの漫画がこうも人気なのか不明ですが、人が楽しむ分には良いですね
絵はそんなに良くないし、画力がある訳でもないし
つまんないシーンが続く・・・・

返信する
こーとー

コミックでもつまらないんですね…
てっきりアニメだけなのかと思っていました…
コメントありがとうございます!

返信する
あおいねこ。

コロナで自粛ムードの中、並んでまで最新刊を買う人々のニュースを見て、Huluでイッキ見してみようと挑みましたが・・・つまんね・・・途中で飽きた・・・
時代物は結構好きなジャンルなんだけど(信長協奏曲、バガボンド、るろ剣など、古い漫画だとはいからさんが通る、はだしのゲンも読みました)、やっぱりファンタジー感が強いからハマれないのかなー?

それとも私がひねくれもん?
超絶人気のワンピースも面白いって思わないんですよね。7巻までは頑張って読んだけど、しんどかった。

結局おもろいかそーじゃないかは人それぞれって、当たり前の結論ですね。
つまらないって思う人も結構多いのでちょっと安心(笑)しました。

返信する
こーとー

僕も自分のことひねくれ者なのかなと思いましたが、どうやらそうでもないみたいですね。結論はアタリマエのこと言ってますが、まぁ、やっぱり流行ってる以上こう言わざるをえないかなと思いました。すみません…
コメントありがとうございます。

返信する
wata

非常に共感できる考察記事だと思いました。
(創作以外は)すべて読ませていただきました(笑)
良いポイントも載せつつ姿勢も低くファンに対して配慮のある記事で素晴らしいと思います。
過去編の薄さやワンパターンな展開に関しては本当にその通りだと思いました。

私はたまたま鬼滅の刃はリアルタイムで見ており、当時はそこそこ人気ってぐらいで
今ほど異常なブームにはなっていませんでした。
ですので今のように評価ハードルが高い状態で見たわけではありませんが、
作画の美しさ等で瞬間最大風速は高いけど特段注目に値する作品ではないと感じていました。

萌えやロリ、異世界などコアなアニメファンにリーチする要素を持つ作品が多い中、
鬼滅の刃は王道展開で普段アニメを見ない人でも楽しめるところが良かったのかもしれません。

(とは言っても、善逸のギャグ寒すぎてもし家族で見てたら恥ずかしくなりそう、と思いますが。。。)

返信する
こーとー

めちゃくちゃ嬉しいコメントありがとうございます!
これからも考察記事書いていこうと思っているのでまた遊びに来ていただけると幸いです。

返信する
山田太郎

自分も「大ブームだから面白いに違いない」と思って漫画を読んでみたんですが、似たような感想を持ちましたね。ジャンプ漫画として連載を続けるだけの面白さはあるけど、大ヒット社会現象になるほどかな?と。

返信する
こーとー

やはり期待値だけがあがってがっかりしてしまうパターンが多いようですね。
コメントありがとうございます!

返信する
名無し

鬼滅の刃は連載当初あら読んでいましたが、何故かハマらなかった自分がいまして、それで周りの人から、アニメ面白いといったので頑張って見たのですが、半分までみて、見る気ない状態でも無理矢理自分に言い聞かせてみてもつまらなくかんじてしまいました。これって自分がおかしいのでしょうか?

返信する
貴方の意見に反対する人

お前どうせ陰気ゃだろ?
こんな暇なことしていてなにも感じないのか?可哀想です。しかも貴方が書いている物語もくそおもんなかったですよ。
鬼は群れないけれどだからと言って、簡単に倒せるわけがないやろ。
あなたのいっていってることは、アホらしくて鼻でわらてまう。
もうちょっと読んだら?

返信する
こーとー

読んでいただきありがとうございます!鬼滅の刃が好きなことがとても良くわかりました。
気分を悪くさせてしまって申し訳ありません。
また、小さい字で書いた創作の話まで読んでいただいたということで恐縮です。

この記事はあまり興味がない状態で、アニメを見た人の一意見という記事です。
なので、もうちょっと読んだら?(もうちょっとアニメを観たら?)って意見は筋違いです。
そして、そのような意見も多くいただくので、いま実際に単行本を読んでいる途中で、読んだ感想も記事にする予定なので、更新を楽しみにしていてください。

コメントありがとうございます。

返信する
kj

リアルタイムで見てましたが、ここまで人気なる内容ではないですね。  好きって言ってる人の大半が他のアニメや漫画読んだことない人ですからねぇ

やはり流行ったのは19話のヒノカミの神作画で爆発しましたね。 また、有名声優、有名音楽家の起用もあると思います。 クソ作画だったらどうなってたか、、
しかもメディアが異常に持ち上げるのでそれも人が増えた要因でしょう。

他のヒット作品と比べて、シナリオ面や伏線面などでどうしても劣ってますね。そして、いくらなんでも色んなヒット作品をオマージュし過ぎでしょう笑

漫画の話ですが無惨編から駄作と呼ばれてたし、5年後10年後名作として評価されてるとは到底思えません。 おそ松さんと同じ道をたどりそうです。  実際アニメは人気ほど評価高くないですし。  

鬼滅を機に名作アニメ、漫画を見てほしいですね

返信する
こーとー

コメントありがとうございます!
おそ松さんもそう言えば似たような異様な人気を誇っていましたね…
「鬼滅を機に名作アニメ、漫画を見てほしいですね」そのとおりでございます!
日本には本当にたくさんの名作がありますし、ジャンルも様々なので人生を変えるレベルの作品に誰もが出会えると思っています!
多くの人が自分にあった神アニメ・漫画と出会ってほしいものです!

返信する
るけ

長文のコメント失礼します。遅ばせながら関連の記事と共に読ませていただきました。
確かにこうして見ると僕含め他の人でも「鬼滅めちゃもてはやされてるけど何が面白いのかイマイチわからんかった」っていう意見の人多いけどこういうところなんだろうなと思いました。とっても参考になりました。ありがとうございます。
あと同じ鬼でも約ネバは僕も結構好きで読んでいます笑

僕も鬼滅を知るにあたって(アニメは良くも悪くも原作の持つモノを隠してしまう事が多々あるので)漫画を最初だけ呼んでみた人間なのですが、目を引く物語の運び方も無く、ストーリーもオリジナリティを全く感じられず、何より絵がお粗末すぎて本当は3、4巻辺りまで読んでみようかと思っていましたが正直読むに堪えなかったので1巻で辞めてしまいました…笑
画力を擁護するツイートとかを結構目にしてきましたがあれはそういうレベルではなく酷すぎですね。
漫画もアニメも絵が全てではないのはそうなのですが、やはり視覚的な情報はその作品全体を構成する重要な要素のひとつであると思っているので、仮にストーリーが凄く面白いものだったとしてもさすがにあの画力(と個人的なことを付け足すと、結構真剣な漫画なのにキメのコマで動きの少ない構図にも関わらずド真ん中の主人公にでーーーん!と集中線入れちゃう表現方法)じゃ話にならないなというのがボロカス言ってるようですが正直な感想です。
とはいえ「人間 対 人外」「和風」「剣を使ったバトル」「真面目キャラ、純粋キャラ、不幸被り系ビビりキャラ等いわゆる推しキャラを作りやすいキャラ配置」…等々、以前ものすごい流行りを見せた進撃の巨人とも割と似た要素を他にも併せ持っており、いかにも万人受けしそうな感じはあるのでお上の方々も予算と人員を割いて豪華にアニメを作らせたのだろうと思いました。

こんな中で書くのもアレですが、約ネバが好きならぜひワールドトリガーも読んでみてほしいです。
約ネバもそうですが、ワールドトリガーもとても論理的に作られた頭脳系のバトル(?)漫画で、コマ割りや絵の構図もよく考えられて整理されてるので約ネバ好きにはおすすめです。
ただ、キャラクターのデザインに若干の癖があるのと遅効性SF(読んだらなんとなくわかると思います)なので若干ですが読む人を選ぶ作品になってますが、ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。さらにもし気に入っていただけたらこーとーさんなら絶対僕よりも分析できると思うので、ブログでレビューしてもらえたらもっと嬉しいです笑

返信する
こーとー

コメントありがとうございます!
実は、ワールドトリガー読んでます!!僕も大好きです。
遅効性SFという表現。めちゃくちゃいいですね笑
また、いろいろなレビュー記事を書かせていただくので今後ともコトブログをよろしくおねがいします。

返信する
ストロベリーパフェ

わかる。つまらなくはないけど社会現象は言い過ぎ。いつも思うけど評判に流される奴多すぎ。お金もったいないからやめてほしい。これから読もうとしてる人に言い切ろう、「鬼滅はそんなに面白くない!」

返信する
匿名

【もっと評価されるべき】なんて言葉がありますが、鬼滅は逆に身の丈以上に評価されすぎちゃっている感じですね。普段からアニメを見ている人なら分かる事ですが、ドラゴンボールやらワンピースやら本当に力のある面白い作品には到底及ばない。

返信する
ただの通りすがり

初めまして。
私も鬼滅の刃は全くハマらなかった部類の人間です。
数多くのアニメを見てきましたが、特に印象に残るアニメではありませんでした。
皆さん色んな価値観があるので好き嫌いはあると思いますが、最近ある人にドラゴンボールより鬼滅の刃の方が収益があるとか嘘までつかれた為、ドラゴンボールみたいなメガヒット作品と比べられた事で余計に鬼滅の刃が好きじゃなくなりそうです笑

返信する
匿名

アニメが話題だったから漫画から入ったクチです。
5巻位一気買いして4巻位で読むのを辞めてしまいました。
読めなくはないので4巻まで読みましたが別の漫画を挟んだら読む気なくしました。
積極的に続きを知りたくなるような魅力は無かったですね。
年間4~5百冊くらいの漫画を読むのでそこそこの漫画好きだと思っていますが
漫画好きとしては他にもっと面白いのがあるのにと不思議に感じます。
私の中では読めなくは無いが、効率を求めて厳選すると候補から外れるレベルの漫画です。
大流行するものを理解できないのは寂しいですが、普段から漫画を読んで目が肥え過ぎているのでしょうね。
牛丼チェーンを食べられなくなった悲しい美食家なのかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。