アニメ【鬼滅の刃】アンチが原作全巻読んだ結果→ハマりませんでした

この記事は10分で読めます

アニメ観てハマらなかった人

まぁ、全く面白くないわけではなかった

何がつまらなかったかしっかり話します

アニメ見てハマらなかった人

意外と多い鬼滅ハマらない勢

どうも!こーとーです!

 

以前、アニメ『鬼滅の刃』を酷評した記事を書きました。

この記事は、コトブログで一番読まれる記事となり反響を呼びました。

 

しかし、鬼滅ファンから

「アニメだけだと面白くないのも頷ける」

「ぜひ、マンガで続きも読んでほしい」

との意見をいただきましたので、読んでみることにしたわけです。

 

 

結論から言うと

面白くなかったです笑

ここからは、あくまで個人的感想で、

面白かった部分と面白くなかった部分に分けて

レビューしていきたいと思います。

 

鬼滅ファンの方とは違って一周さらっと読み終えただけです。

隅から隅まで読めてるとは思いませんし、

何周も繰り返して読んだりもしてません。

記憶違い、解釈違い、あっても何らおかしくないのでご了承ください。

 

 

一応、鬼滅の刃の大オチまでネタバレを含みますので、

ネタバレ避けたい方はお気をつけください。

鬼滅の刃の良かったところ

ちょうど、アニメの後から面白くなってくる

アニメでは、蜘蛛の糸を操る鬼「累」を倒し、

柱たちと対面!ってなあたりでラストを迎えるのですが、

 

ちょうどその後からの展開が盛り上がりだします笑

 

  • 柱たちとの共闘
  • 上弦の月たちとの死闘
  • 同期メンバーの活躍

 

活躍するキャラもグッと増えだし、

関係性も濃くなっていき、

キャラの掘り下げが深くなっていきます。

 

上限の鬼との戦いはまさに死闘で、手に汗握る展開でした。

 

柱の登場

アニメでは柱といえば水柱の冨岡義勇さん

強いて言えば、蟲柱の胡蝶しのぶさんも少し登場しましたが、

他の柱は終盤にちらっと登場して

「柱ウザいくらいキャラ濃いなぁwww」って印象で終わりました笑

 

しかし、マンガにある続きからはバンバン柱が活躍します。

柱の強さが鬼の強さを引き立たせていたように感じます。

 

上限の鬼

上限の鬼たちの世界観がものすごく良く

鬼同士も血戦と言って階級争いのようなものがあるという

そういった設定はとても良かったように思います。

 

猗窩座とかキャラも戦い方も最高すぎます。

 

同期メンバー

炭治郎は善逸や伊之助の他に、後二人鬼殺隊の同期がいます。

カナオ玄弥のふたりです。

これも、アニメではあまり活躍しなかったキャラです。

 

しかし、マンガでは二人の戦闘シーンが見れます。

 

特に個人的お気に入りキャラの不死川玄弥は、

  • 呼吸が扱えない(鬼滅の世界では致命的)
  • 鬼を喰らうことで鬼化
  • 鉄砲アクション
  • 柱の弟

 

要素盛り盛りキャラなんですね。

とても良いキャラで鬼滅の刃ナンバーワンお気に入りキャラです笑

 

では、これらの良かった点を踏まえて

何がいけなかったのかお話したいと思います。

2 COMMENTS

ぼんち揚

今回の鬼滅レポートも面白かったです!
たしかに最終回がブーイングの嵐だったことは当時良く流れてましたね。過去の記事も拝見させて頂きましたが、それを踏まえて、ぜひお時間があればこーとーさんにワールドトリガーを読んで欲しいです。今回の記事で書かれてるポイント含め、さりげない伏線やコマ割り、構図など色んな所のレベルが高く、少年漫画では珍しく勢いで勝負しないスタイルのストーリーがオススメです。

返信する
こーとー

コメントありがとうございます!他の記事も読んで頂いてるようで恐縮です。
ワールドトリガー連載されだした頃から気になってました!
いつか機会作って一気読みしていきたいと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。