一人暮らしのWi-Fi 本当にモバイルルーターで大丈夫?

最近ネット環境がヤバいんです。

どうも、こーとーです!

 

ついに、バイト先もコロナ休業をし、

学校の授業もなく、

ほんとにずーっと家で過ごしている僕は、

一日中PCを触ってると言っても過言ではありません。

そんななか、僕が家で使っているWiMAXルーターが

とても早い段階で速度制限にかかってしまい、

ブログをいつもどおりの頻度で投稿することが出来ませんでした。

 

一日中家で過ごさなきゃならないのに、

Wi-Fiが速度制限だと、ほんとに詰んでます。

 

そこで、少し自分が使っているWiMAXに関して調べました。

WiMAXに限らずポケットルーターではダメだった

僕のように超インドア生活を極めている人は、

家のWi-Fiを使いまくることになると思います。

しかし、ポケットルーターでは、

ある制限に引っかかり速度制限になってしまうようです。

 

それが、”混雑回避のための速度制限”です。

これが、”3日間で10GB”という鬼畜設定なわけです。

 

この、混雑回避のための速度制限(以下、混雑回避制限とする)は、

制限にかかってしまうと、18時から翌日2時までの間

128kbpsというスピードでしかネットを使用できなくなるわけです。

128kbpsという単位がわかりにくい方もいるかと思いますが、

簡単に言うと、ネットが使えなくなると思ってもらって構いません。

モバイルルーターは設置工事がいらない代わりに、

このような縛りがあったわけです。

 

今までは、大学のWi-Fiに逃げるなどしてうまくやってきたわけですが、

外出自粛ムードの中、流石にちゃんとしたルーターが欲しくなってきました。

まとめ

でも、そこまでネットばっかり使うわけじゃないんだよなって人は、

工事も不要だし、安く上がりやすいポケットルーターのほうが、

良いこともあると思います。

 

自分のWi-Fiの使い方に合わせてプランを見つけたいものですね。

 

 

ってか、通信系の会社多すぎて比較しんどいし、

注意書きとか2mmくらいの文字で20行くらい書いてるし、

もっとわかりやすく出来ないわけ???笑

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。