STEINS;GATEとかいうクソアニメが凄すぎたwww

絶賛アニメフィーバー

どうも、こーとーです!

新型コロナウイルスの感染拡大防止の流れで

#おうちで過ごそう などのタグが流行しています。

 

皆さんはお家でどのように過ごしてますか?

 

 

 

僕は、元からインドアなタイプなので、

ブログ書いたり、動画の編集をしたり、

YouTube見たりとあまり変わらない毎日を送っているのですが、

最近は特に、アニメを見る時間が増えました。

 

今回は、最近イッキ見したアニメSTEINS;GATEを紹介したいと思います。

 

簡単なあらすじ

まず、このアニメがどんなアニメかというと、

 

偶然出来上がってしまったタイムマシンによって振り回される話です。

 

過去を改変して理想の未来にしていく、いわゆるタイムトラベルもの。

 

どんな人がハマるかまとめてみます。

『STEINS;GATE』 を楽しめる人

タイムトラベル系が好き

難しめのアニメが好き

ミステリアススリリングホラー的なやつ好き

『STEINS;GATE』 を楽しめない人

ややこしい話は苦手

長いアニメは見れない

SFには全くついていけない

結論から言うと、俺はメッチャクチャ好きなアニメでした!

最近気に入ってた約ネバに匹敵するくらいのハマり具合です!

ですが、このアニメは1癖2癖あるようなアニメなので、

そのへんを話していきたいと思います笑

話の構成がクソすぎwww

ここからは、ネタバレ注意で!

 

 

 

 

 

まず、アニメ一期をすべて見るには24話あるのですが、

途中離脱勢がとても多いアニメです。

 

その原因として、挙げられるのが、

12話までがプロローグだから。

 

1期の半分やん笑

こんなアニメは初めてみました笑

 

僕も弟からおすすめされてみたアニメなのですが、

おすすめされるときに、

「12話くらいから面白くなってくるからそこまでは離脱しないでね」と笑

弟に、12話までが伏線をばらまく段階で

13話からが回収していく構成になっていると言われましたが、

まさにそのとおりでした笑

 

特に第1話は視聴者置いてけぼりの違和感だらけの展開。

その違和感がスッキリするのは24話を見た後なんですねぇ笑

 

 

 

要するに、前半は過去から未来へ 後半は未来から過去へ

時間を巻き戻していくような構成になっています。

 

そのおかげで、12話までは、多少の展開はあれど、

タイムマシンが出来上がるまでのほのぼの日常アニメといった感じ。

 

キャラ紹介とキャラの関係性伏線のバラマキに全力を注いでいます。

 

さぁついてこられるかな???笑

ギャグセンスがかなり古い

このアニメは2011年に放送されたアニメ。

作中に頻繁に登場する携帯電話もスマホではなくいわゆるガラケーです。

 

さらに、このアニメで登場するギャグは、

ネットスラングネタか、下ネタか、中二病ネタかといった感じ。

 

まぁ、下ネタはヒロインのツンデレに必要だし、

中二病ネタも一つの伏線なので良いとして、

 

ネットスラングネタは、ほんとに知らないとネタとして理解できないものばかりです。

 

例えば、「常考」というネットスラング用語。

「常識的に考えて」の略らしいのですが、

見ているときは知らなかったため、

「上皇」という呼び名なのかと思ったくらいです。

 

 

その他にも、「wktk」や、「ぬるぽ」「ガッ!」など、

本当に数多くのネットスラングが散りばめられています。

 

 

序盤は本当にこのネットスラングネタと、

主人公の中二病ネタについていけなくなるものです。

 

 

次のページでは、それでもおすすめする3つの理由を話しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。