手話通訳者はマスク出来ないの?透明マスクを開発

小池都知事の手話通訳者がマスクをしていない?

どうも、こーとーです。

 

最近の小池都知事と言ったら、

必ず、マスクを付けて登場しているイメージですよね。

しかし、この間の緊急会見のとき手話通訳を担当していた人は、

マスクを付けていませんでした。

え、こんな大事な会見であえてマスク付けないってどういうことだろうかと思っていたら、

手話は手の動きだけではなくて唇の動きも使って情報を伝えているようです。

 

 

ええー、そうだったの?!

とはいっても、あの会見映像はとても違和感が残りました。

手話通訳者や耳が不自由な人はどのように感じているのでしょうか。

 

耳が不自由な人をサポートするYouTuberが興味深すぎるという記事も

書いたのでこちらもおすすめです。

口元透明マスク

アメリカの女子大生がこれに見かねて、

クラウドファンディングで資金を募り、

口元が透明なマスクを開発し、無料で配布すると発表し話題となっています。

 

確かにあると便利かもしれません。

まとめ

でもまぁ、会見に関してはビデオ中継して別室で手話を撮影すれば

いいのでは?と思いますし、

マスクも透明で曇らなくて通気性があってコロナ対策に効果があるマスクを

開発することが出来るかはまだわかりません。

 

とりあえず、丸亀製麺とかがつけてる透明マスク(?)をつけてみれば…

 

いじょっう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。