LINEの通知溜めてる奴ちょっと真剣にコレ読んで考えてあげて

LINEの通知溜めてる奴ちょっと真剣にコレ読んで考えてあげて

通知溜めてる人に限ってこの記事避けそうだようなぁ

どうもこーとーです!

 

もし、正直に通知がいくらか溜まっている状態でこの記事を読んでくれている方は、ぜひ最後まで読んでいただきたいです。

 

 

今回は俺が割と口うるさく言っているLINEのマナーについてです。

通知をやたらと溜めている人はいませんか?

 

 

ほんっとに返したほうが良いと思う理由を話すので、

 

返信が帰ってこなくて困っている人は「そうソレ!」って共感してもらえれば幸いですし、

返信を溜めてしまっている人は、返そう…ってなってくれれば最高です!

マジで

 

 

LINEはコミュニケーションツール

LINEってたくさんの人が利用している国民的コミュニケーションツールですよね。

 

コミュニケーションって色々あると思うんです。

  • 他愛のない会話
  • 悩み相談や愚痴
  • 仕事や部活などの集団の業務連絡
  • 遊び等の約束

 

他にも人によって色々な用途があると思うんですが、

さっき上げた例のうち、下2つは必ず返信してあげてほしいんです。

 

 

業務連絡遊び等の約束この2つには共通点があります。

それは、スケジュール管理です。

 

 

次の例を見てみてください

 

これはある友達と待ち合わせの約束を連絡しているときの例です。

 

相手は、すかさず「ちょっとまってね」と言い、またすかさず到着予定時刻を教えてくれています。最高です。

 

 

 

でも、もしこのとき、19時頃になっても返信が来なかった場合、どうなっていたでしょうか。

 

今日の予定があるのか。それとも消えるのか。わからないので、ギリギリまでその時間を空けておくことになります。

 

そして、結局連絡がないまま時間が過ぎ、いわゆる”ドタキャン”をされると、その時間は無駄に空けていたことになるんですよね。

 

もし行けないことがわかった時点でいけないことを連絡してくれていたら、その時間を別の予定で過ごすことができたかもしれません。

 

さらに、コレが今日の予定ではなくて、1週間後の予定の連絡だったとしましょう。

返信が来なかった場合、1週間をのスケジュールを無駄に空けていたことになるわけです。

 

時は金なり

金の切れ目は縁の切れ目 です。

 

人からお金を借りて全く返さないクズ野郎となにも変わらないわけです。

 

 

 

 

次のページは、通知を溜めている人側の言い分!