約ネバ2期10話レビュー「いざ、GFハウスへ」

約ネバ。徹底レビューしていきます。

今回は第10話!

どうも、こーとーです!

 

原作も読破している私が、

アニメ『約束のネバーランド』第2シーズンを各回ごとに

レビュー記事を上げていってます。

これまでのレビュー記事を見てない人は是非こちらからどうぞ!

 

第1話レビュー「大丈夫!ただの鬼ごっこだよ!」

第2話レビュー「ムジカとソンジュ」

第3話レビュー「地下シェルターを発見」

第4話レビュー「安定した拠点が…!!」

第5話レビュー「鬼の事情とノーマン」

特別編レビュー「なぜこのタイミングで総集編?」

第6話レビュー「実験農園ラムダ組」

第7話レビュー「エマとノーマンの取引」

第8話レビュー「ノーマンの苦悩」

第9話レビュー「ラムダ組の改心」

この記事は、アニメシーズン2の10話までのネタバレを含みますので

お気をつけください!

 

それでは、

アニメ『約束のネバーランド』【シーズン2】第10話

のレビュースタート!

ヴィンセントの陽動作戦

ヴィンセントは裏切らない

前回の最後らへんで、なんだか一人

裏切っているような様子が描かれていたヴィンセントさん

 

結果は、ノーマンの作戦だったと言って良いのでしょうか。

ヴィンセントが裏切るはずがありませんでした。

 

 

と言いつつも個人的には、

これまでに数多くの大胆なアニオリをしてきていたので、

むしろ、ヴィンセントは

裏切ってくれても良いなと思っていました笑←

 

ヴィンセント自身、人一倍鬼への復讐心が強いので

前回の作戦変更で対立しても自然な流れだった上に、

”エマの約束のごほうび”という

原作にはある引きがアニメにはないので、

少しかき乱しても良いのかなと思っていました。

結局、揺動作戦は何だったのか

これまた原作とは違い、

気球で突撃大作戦だったわけですが、

これはヴィンセントの揺動で、

実際はその気球には人は乗っておらず、

爆薬が仕込まれていました。

 

では、本当の作戦は…?

気球で突撃大作戦でした←

 

イマイチどう揺動だったのかよくわからないですが、

ヴィンセントの陽動作戦はトントン拍子で成功(?)して、

内部に突撃することが出来ました。

 

なんか、これも個人的な意見ですが、

あってもなくても良い

(というか尺の関係でなくていい)というか、

やるならやりきってほしいアニオリが多いですよね()

フィルとの再開

年少組リーダーフィル

アニメ約ネバ1期で、

エマたちは4歳以下は農園に残して、

外で準備を整えて救出しに行くという作戦にします。

 

その時、4歳のフィルにすべてを話し、

エマたちは農園を後にしています。

 

すべてを知っていながら、

エマたちの救出を信じて待つ毎日はとても過酷だったでしょう。

 

直通エレベーターでのフィルとの再開は

やはり泣けましたね。

 

ノーマンとの再開より感動的だったのは何なんだ()

グランマイザベラ

機関銃を持つイザベラ

「おかえり。私のかわいい子どもたち。」

機関銃を持ったイザベラは不敵な笑みを浮かべながら

エマたちに言います。

 

脱出を許してしまったエマ

ラムダに送ったノーマン

取引きをしていたレイ

 

エマたちからするとGFハウスの定時連絡で

イザベラの声を聞かなくなったことから

失脚&出荷を考えたでしょうから、

イザベラがまた自分たちの前に立ちはだかっている時点で

驚きがあるはずです。

 

1期からの関係性も思い出すと色んな感情が溢れます。

 

他方のママから機関銃を向けられたエマたちは

武器を地面に置き後ろに下がります。

まさに絶体絶命。

イザベラの気持ち

ところが、イザベラは

「あなた達全員満点よ。」と言い

銃口をピーターに向けます。

 

その他のママたちもそれに続いて

銃口をピーターに向け形勢逆転。

 

「勘違いしないでたまたま利害が一致しただけよ。」

原作では、このとき心のなかで、

自分で自分を許せない。

だから、ママと呼ばれる資格なんて無い。

と考えているのですが、

「ありがとう、ママ。」とエマが言い。

イザベラの表情は笑顔になります。

 

イザベラの愛は本当だったんですよね。

にしてもトントン拍子なGF救出編

すごいスピードで話が進んでいきました。

今回のVSピーター編って

  • ヴィンセントの裏切り→揺動でした
  • 設備のジャック
  • 全子どもたちの救出→フィル中心に鬼ごっこ
  • フィルとの再開
  • ラスボスイザベラとママたち
  • ママチームの裏切り
  • 鬼の援軍→邪血鬼民衆のデモだった

といった感じで、ピーターが不利になっていきます。

これらを約20分でブワーっと描いていて

すごいご都合感を感じましたね笑

 

揺動もなんか半端な揺動だったし、

もう少し苦戦できそうですが…()

なんと白井カイウ先生が….

OPで紹介されるシリーズ構成という役職には、

これまで、白井カイウ先生の文字があったのですが、

 

今回のOPでは、名前が消えていました。

 

2期以降の続編が期待できない関係で

かなり無茶なカットをこれまで飲み込んできたはずで

それもこのシリーズ構成に白井カイウ先生の名前があるから

原作者が良いなら良いかと見れていた部分があります。

 

しかし、やはり名前が外されたところを見ると、

流石に書き忘れということではなさそうですし、

なにか衝突があったのだろうか

思ってしまっても仕方ありません。

 

やっぱり、なんだか闇のあるアニメなのかもしれません。

まとめ

残すところあと1話

ここまで、本当に色々賛否両論あった上に、

今回も白井カイウ先生の名前が消される事件で、

闇が垣間見えたりと、いろいろあった約ネバも

残すところあと1話

 

原作とは違ってご褒美の件もないので、

違うエンディングを迎えそうですね。

 

個人的には逆に楽しめているというのが本音。

最後まで見守りたいと思っております。

一緒に見ていこう!

次回も記事を上げるつもりですので、

1話見たらコトブログ、

1話見たらコトブログと読んでいただけると、

より楽しめると思います!

 

ぜひ、ブックマークなどして更新を見逃さないようお願いします!

 

最終話のレビュー記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。