【約ネバ2期】第4話レビュー「安定した拠点が…!!」

約ネバ。徹底レビューしていきます。

今回は第4話!

どうも、こーとーです!

 

原作も読破している私が、

アニメ『約束のネバーランド』第2シーズンを各回ごとに

レビュー記事を上げていってます。

これまでのレビュー記事を見てない人は是非こちらからどうぞ!

 

第1話レビュー「大丈夫!ただの鬼ごっこだよ!」

第2話レビュー「ムジカとソンジュ」

第3話レビュー「地下シェルターを発見」

 

この記事は、アニメシーズン2の4話までのネタバレを含みますので

お気をつけください!

 

それでは、

アニメ『約束のネバーランド』【シーズン2】第4話

のレビュースタート!

安定した拠点活動

ミネルヴァからの電話

地下シェルターでの生活が始まったエマ一行は、

受話器のある部屋を見つけます。

 

電話がなったのでそれに出ると、ミネルヴァを名乗る男性の声が!

しかし、録音でした。

 

「ウィリアム・ミネルヴァだ。」

声を聞いたときはゾクッとしたし、

一気に安堵感が押し寄せましたね!

 

 

ミネルヴァは、

・本名がジェイムズ・ラートリーであること

・農園関係者だったが、今は反逆者として追われる身であること

・ペンの次のパスワード

を話しました。

 

 

パスワードを入力するとD-100(西のはずれ)を指し示しました。

人間の世界に行くためにはここにいかないといけないようです。

 

エマ一行は、シェルターで生活基盤を整え、

食料などしっかり準備して向かおうと作戦立てていました。

ヌルリン

森に生息するヌルヌルした魚のような生物。

お調子者のトーマが見つけてました。

 

食べれるかわからないため誰かが毒味をしなければならないところ、

くじ引きをした結果、ナルシストのナットが毒味係になりましたが、

なんだかんだあって、レイとラニオンとトーマの3人が毒味をすることに笑

 

結果、めちゃくちゃ美味しいようで、

大好評でした笑

迫る脅威

拠点が襲撃される

生活が安定してきた頃、

急にシェルターは襲撃されます。

 

クリスティが普段遊んでいたシェルターとつながった洞窟からなんとか逃げ切ることに成功します。

 

個人的には、

・ドンのモニタールームでの作戦

・ギルダがドンを抱きしめるシーン

・ラニオン&トーマの弓矢が命中

・クリスティの洞窟の把握と心理戦

 

それぞれのキャラの個性がうまく活かせていて

良かったですよね。

 

イザベラが鬼と契約

一方、鬼サイドでは、

この作戦(シェルターの襲撃)が失敗に終わったら、

イザベラに一任するとのことでした。

 

イザベラは、ほんとうの意味での”開放”と、

耳打ちで話されていた”なにか”を報酬に、

エマたちを連れ戻す契約を交わします。

原作との違い

毒味も襲撃もイザベラも

第3話のレビューでも話したように、

かなりの原作改変が行われていて、

 

今回だと、

襲撃にピーターラートリーの部下であるアンドリューがいない。

イザベラはピーター・ラートリーと契約を交わすのではなく、

鬼と契約し、しかもそのタイミングもかなりの速さ。

 

もう、ユウゴがシェルター内に居ない時点から

違う世界線、違う物語を見ているようなものです。

 

個人的には、アニメオリジナルのヌルリンの件で、

ナットが毒味担当になりかけたり、

最終的にレイ、ラニオン、トーマが毒味していましたが、

エマが歳下に毒味をさせるわけがありません。

 

ストーリーとは関係ないオマケ的改変ですが、

無駄な改変でキャラの個性を蔑ろにするこのシーンは

正直言って全く面白くありませんでした。

 

目的地が違う

原作ではシェルターについたエマたちは、

ミネルヴァさんに協力を仰ぐため、

A08-63(ゴールディポンド)を目指します。

 

しかし、目的も目指す場所も違い、

D-100に行けば人間の世界に行けるという話になっていました。

 

これにより、

ほぼ100%ゴールディポンド編は無いのだなと確信しました。

 

エマたちは、D-100に行く途中でGFハウスに残ったフィルたちを助け出し、

D-100を目指す作戦を立てます。

 

 

このD-100に何があるかは明かされていませんが、

ゴールディポンドの可能性はないでしょう。

 

私が考えているのは、

鬼の頂点である”あの方”と会える場所が、

D-100なのかな的な。

西の果てということで、きっと西遊記から着想を得たのでしょう。

 

D-100がもし、ラムダ農園とかで、

アニメオリジナルのイフストーリーで、

より約ネバの世界を深堀りしていき、

違った物語を見ることができるのなら、

さすが!と思えるのですが…笑

 

 

きっと、あと数話でGFハウスでの対イザベラ戦があって

その後、D-100地点で約束を結んで最終話を迎えるのでしょう。

うーむ。

まとめ

アニメ勢は楽しめてるの?

尺の都合で話を大幅にカットするのは、まだ許せます。

でも、そのカットのつなげ方や話に関係ないオマケ部分で、

大きなミスを犯していることに、原作勢は必ず気付きます。

 

私からすると、アニメ勢であっても、

流石に登場人物の性格や考え方はつかめてきていて、

それが裏切られている瞬間があるのではないかと思います。

 

 

でもまぁ、ここまで来ると、

4話以降からは、原作とは全く違う展開、

違う物語になることが確定しているので、

違う作品を見ているという感覚で見ることにします。

 

 

なので、特別に取り上げる意味がない限りは、

原作との違いを比較するのは、

この回以降はしないようにします。

(もはや全部違うからね笑)

 

次回から、今一度、

フラットな視点で現状の縦軸や伏線、

見どころをおさらいしたいと思います。

一緒に見ていこう!

これからも1話ごとに記事を上げていくつもりですので、

1話見たらコトブログ、1話見たらコトブログと読んでいただけると、

より楽しめると思います!

 

ぜひ、ブックマークなどして更新を見逃さないようお願いします!

 

第5話レビューはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。