約ネバ2期8話レビュー「ノーマンの苦悩」

約ネバ。徹底レビューしていきます。

今回は第8話!

どうも、こーとーです!

 

原作も読破している私が、

アニメ『約束のネバーランド』第2シーズンを各回ごとに

レビュー記事を上げていってます。

これまでのレビュー記事を見てない人は是非こちらからどうぞ!

 

第1話レビュー「大丈夫!ただの鬼ごっこだよ!」

第2話レビュー「ムジカとソンジュ」

第3話レビュー「地下シェルターを発見」

第4話レビュー「安定した拠点が…!!」

第5話レビュー「鬼の事情とノーマン」

特別編レビュー「なぜこのタイミングで総集編?」

第6話レビュー「実験農園ラムダ組」

第7話レビュー「エマとノーマンの取引」

この記事は、アニメシーズン2の8話までのネタバレを含みますので

お気をつけください!

 

それでは、

アニメ『約束のネバーランド』【シーズン2】第8話

のレビュースタート!

ノーマンの出荷後

ピーター・ラートリー

1期でノーマンの出荷が決定し、

エマたちと別れた後、門の先での様子が描かれましたね。

 

通常、「里親が見つかりました」とイザベラから言われると、

それは「鬼のご飯として出荷することが決定しました」という意味で、

すなわちを意味するのですが、

 

ノーマンは特例中の特例で、

ピーター・ラートリーという男に目をつけられ、

ラムダという農園に移る事になり、

特別な監視下のもと高難度のテストを受けさせられていました。

 

とにかく生きててくれてよかったですよね。

ヴィンセントとの文通

ノーマンはテストを受ける中で

自分が使っている受験室のペンが

いつもの左にあるのに右に移動していることに気が付きます。

 

ノーマンは左利きでいつも左においていましたが、

他にも右利きの受験者がいるのではないかと考え、

テストの備品であるルービックキューブの隙間に

メモをはさみヴィンセントと連絡を取り出すようになり、

農園の脱出にまで至ったようです。

 

ここらへんは、ヴィンセントたちがノーマンを信頼する理由、

ノーマンが鬼を絶滅させる作戦に至った理由、

ラムダがどうのような施設だったのか、

そのへんにつながるとても興味深い回想でしたね。

 

この辺はちゃんと描いてくれてよかった

鬼の殲滅

薬攻撃の開始

ノーマンが開発した鬼を退化させる薬で

鬼の街を奇襲し、ノーマンの作戦は滞ることなく

進んでいきました。

 

エマたちは実行日を裏切られたことに気が付きます。

ペンダントのおかげでムジカと合流できましたね。

アニメではきっとペンダントの役目は終了かな?

鬼の爺さん

エマたちがアジトに使っている”邪血の神殿”で出てきた

盲目の爺さん鬼もノーマンの薬で攻撃している街にいました。

 

子供鬼の声に対し、爺さん鬼は、

「エマなのか!」と言いました。

 

それを聞いたノーマンは抑え込んでいた感情が

込み上がってくるような状態です。

 

驚いたのが、この爺さん鬼が邪血の鬼だったこと。

実はこの辺アニメオリジナルです。

 

血を飲ませた子供鬼は回復するし、

ノーマンの薬も効きません。

 

ノーマンにとって邪血は一番排除しなければならない対象

必ず倒しておかないといけない相手が目の前にいる状況。

決心してナイフを振り上げたところでエマたちが到着していましたね。

 

ムジカやソンジュと、爺さん鬼の関係性が気になるところです。

 

ちなみに、

ノーマン自身は本当にたまたま

子供鬼の名前が「エマ」なんだと思ったかもしれませんが、

実際は、邪血の神殿で会ったエマと勘違いしているだけです。

 

ここを勘違いして見ている人が一定数見受けられたので、

一応補足しておきました。

 

子供鬼はエマではなく、

爺さん鬼が神殿で会ったエマと勘違いしただけと話しましたが、

公式ラジオで子供鬼の名前がエマであると

話していたそうなので、子供鬼の名前もエマらしいです。

ご指摘ありがとうございました。

 

アニオリ強気やなぁ笑笑

まとめ

残り3話

ノーマンが強がって全部一人で背負い込もうとしていましたが

ようやく素のノーマンを見ることができましたね。

 

原作でもこの辺はアツいシーンなので、

アニメもそれに相対して面白い回でしたね。

 

残り3話でどのように締めるのか。

原作勢は期待とかじゃなしに、

面白がって楽しみにしているような状態です笑

一緒に見ていこう!

これからも1話ごとに記事を上げていくつもりですので、

1話見たらコトブログ、1話見たらコトブログと読んでいただけると、

より楽しめると思います!

 

ぜひ、ブックマークなどして更新を見逃さないようお願いします!

 

第9話のレビューはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。