アニメのジャンルに関する好みの話

アニメレビューで最近感じたこと

アニメレビューをたくさんしてきました

どうも、こーとーです。

 

今回の記事は特別編です!

アニメレビュー記事に関して思ったことを綴りたいと思います。

 

今までに数多くのアニメを絶賛したり酷評したりしてきました。

そこで、感じたアニメのジャンルについてのお話です。

 

ジャンルについて

ラブコメとかバトルとか

ジャンルの好みってありますよね。

 

やっぱ好みって人それぞれだなって思うの ですが、

自分の好みをしっかり定義づけたいなと思ったのです。

こういうアニメが好きなんだよね。

 

好みのジャンルが言えれば、アニメのおすすめの仕方され方も変わるだろうなって思ったんです…

 

僕はダーク・ファンタジーとか、異世界転生とか、

割とSFチックなものが好きな傾向にあります。

 

逆に、ラブコメや日常系なんかはあまり見ないです。

 

でも、見ないといいましたが、好きなラブコメや日常系もあります。

 

 

実は、アニメの好みをジャンルで分けるには、

違う分け方をする必要があると思ってます。

縦軸で分けるジャンル

私がレビューするときに口うるさく言っている”縦軸”というワード。

”縦軸”って言いかえると物語の目的になると思います。

 

アニメの好みをジャンル分けするには、縦軸で判断するのが良いと思ってます。

 

①退治系縦軸

バトル系はほとんどこれに当てはまりますよね。

ラスボスみたいなやつが途中から分かりだして、

打倒ラスボス!が目的になるタイプです。

 

この上なくわかりやすい縦軸で、

更にその上の敵が現れない限り、

ラスボスを倒したら物語が終わります。

②世界観系縦軸

SFや脱獄系などに多いこの縦軸。

僕はこの縦軸が好きな傾向にあります。

 

この世界は一体どうなっているんだ!

ここから出るには一体どうすれば良いんだ!

などなど!

 

なんで、コイツらはゾンビになってしまったんだ?

このキャラの正体は?

みたいなのもコレです。

 

要は、主人公が知りたいことをしれた時点で物語が終わるものです。

 

①の縦軸と合わせて最大の伏線として扱われることも多いですよね。

②が主要な縦軸のケースは、

脱獄するのが目的、世界を変えるのが目的、元の世界に帰るのが目的だったりします。

③恋愛系縦軸

こちらもわかりやすい軸ですよね。

ラブコメはコレです。

 

主人公とヒロインはどうなっちゃうのよ!

主人公はどのヒロインと結ばれるの!?

のような縦軸。

③は恋が結ばれてちょっとしたら物語が終わります。

④優勝系縦軸

スポーツ系はこれですよね。

絶対にリーグで優勝するぞ!的なアレです。

これも優勝が目的なので、新たな縦軸が入ってこない限り、

優勝したら物語が終わります。

⑤日常系縦軸

コレは少し例外です。

縦軸といいましたが、要は目的がないアニメのことです。

家族の様子や、仲良しメンバーの何気ない日常を

物語にしています。

 

1話完結系もコレに多く該当しますね。

 

 

学園モノだったら卒業が物語の終わりになりますね。

 

 

ほかにもたくさんあるとは思うんですが、

大体はこれらに当てはまるだろうし、

当てはまらない場合も、

ざっくりこれらの派生系なのではないでしょうか。

 

これらの縦軸は、複数持ち合わせているアニメも多く存在し、

細かい伏線との化学反応で強い見どころが生まれる作品になります。

 

 

次のページでは、アニメに求めるものの違いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。