【大学のリアル】大学にだけは行かないほうがいい3つの理由

そんな僕が大学で得たもの3つ

①友達

大学進学は心の底からおすすめしない僕ですが、

そんな僕でも大学で得たものはあります。

 

友達です。

 

大学の友達。

サークルの友達。

バイトの友達。

これらは、この大学生活がなかったらあっていなかっただろうし、

いろんな人、思い出、経験があります。

 

とくにバイトではいろいろなことを学べたので、

大きな経験値になったと思います。(いや、バイトかい!)

②将来を考える時間

僕の場合、高校卒業の頃には、情報系の仕事がしたいと決めていました。

でも、大学に行くことによって一種のアイドリング期間というか、

一回見直すことが出来るんですね。

そして僕は情報系は情報系でも、人と話す仕事がしたいな

アイデア力を活かせる企画部とかで働きたいな。

 

と、将来設計がグッと固まりました。

もちろん固まっていない学生もたくさんいるので、あくまで僕が得たものです。

 

でも、よく考えるとこれも大学で得たものではないか…笑

③人は簡単に怠惰になるということを知れた

僕の場合こんな大学に嫌気が差して、大学をサボり気味になります。

ちょっとサボる習慣が身についた瞬間。

もう、体は病気レベルで変わってしまい、いわゆる昼夜逆転。

 

しゃべる教科書の授業を100分も聞いてられるはずもなく爆睡。

 

「あれ?俺、結構まじめくんなタイプなはずやったのにな。」

「なんでみんな単位とってんの?」

「ああ、あれか。俺には譲ってくれない過去問のおかげか。」

もう、自己嫌悪がガンガン来て、でも生活習慣治せない。

というか治したところで、あの授業、あの大学。

 

 

思考も生活も完全にダメ人間そのものでした。

「思ったより簡単に人ってダメになるんやな。」

「気張り続けとかないと一瞬で腐るんやな。」

これが唯一、大学で習ったこと。唯一です。

まとめ

高校卒業までにやりたいことを見つけよう

もちろん、大学に対して持つ考えは個人差あるし、通う大学によっても異なるだろうとは思います。

 

でも、みんなに共通して言えることは、

高校卒業までにやりたいことを見つけよう。

みつけたやりたいことが、どうしても大卒じゃないとできないことなら

大学に行く価値あると思います。

 

高卒でもできることなら今すぐやるべきだと思うし、

大卒じゃなくても出来るけど、ある資格が必要で…って言うなら

大学で勉強せずに1年フリーターして独学すればいいと思う。

 

 

僕はもうダメ人間から復帰してるので、

大学に行くことで背負ったハンディキャップを

どのように取り返していくか考え、行動に移しています。

 

自分の進路は自分で決めるもの。

みんなの進路選択に幸あれ。

1 2

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。