『ポケモン』の”厳選”にドン引き

まず、最初に。

ゲームの遊び方は人それぞれ。

誰かの考えが正しくて誰かが間違っているみたいなのは無いという事を大前提として、記事を読んでいただけると嬉しいです。

ポケモンの”厳選”という遊び方

ポケモンはAG・DP世代

どうも、こーとーです!

 

僕はめちゃくちゃポケモン好きで、

アドバンスジェネレーションからダイヤモンド・パールあたりが世代です。

ゲームも、リーフグリーン・ルビー・エメラルド・ダイヤモンド・プラチナを四六時中やっていた時期があり、

僕がカタカナを覚えたのはポケモンおかげと言っても

過言ではないくらいです。

 

しかし、そんな幼少期に遊んでいたゲームの遊び方が随分と変わってしまっていることを知り、気になったので調べてみました。

”厳選”ってなに?

みなさんポケモンの”厳選”ってわかりますか?

 

”厳選”というのは、平たく言うと理想のポケモンをゲットするまでの作業のことです。

 

簡単な例でいうと、

 

野生のポッポを捕まえた。

個体値等、プレイヤーの理想のポッポではなかった

逃して他のポッポを捕まえに行く

 

というサイクルをただひたすら繰り返し、

理想のポッポをゲットするというもの。

(別にポッポである理由はない)

実はこの作業は、最新作のゲームだけではなく、

僕がやっていたリーフグリーンやエメラルド・ダイヤモンド・プラチナにもあった遊び方のようです。

”厳選”が気に食わない理由

そんな”厳選”が僕は気に食わない。

ポケモンのゲームでは、

ポケモン1匹1匹が、性格、性別、特性、個体値を持っており、

僕が持っているポッポと、君が持っているポッポは、

実は違うんだぞーってのが面白いところ。

自分のもっているポッポが唯一無二だから面白いと言うのに、

厳選というのは、ポッポなら性別はどちらでこの性格であの特性で個体値はできればこんな感じが理想というのに向かってみんなが長時間作業をし、

みんなが同じような理想のポケモンを持つということです。

 

もう、台無しでしょ?

 

 

次のページにまだまだ続く!

”厳選”に2000時間!?しかも厳選しないと通信で遊べないってどゆこと!?

1 2

1 COMMENT

akky

少し前の記事にすみません。
反論するようなコメントになってしまいますが、ポケモン厳選は十分ポケモンで遊んでいると思います。
そもそも個体値が存在する時点で最強のパーティを組み合わせようとするのはゲーム上必然なことで(最強の武器や防具を整えるようなもの)、ゲーフリもそこは想定通りの展開だと思っているでしょう。
同時にポケモン廃人と言われてる人たちもある種努力の結果と言えます(バグを使ってるとかはどうかと思いますが)。
私は通信対戦はまったくしない(兄とやることはありましたが)で、バトルタワー攻略をやってましたが、そこでも高個体値のポケモンを擁することは大事でした。100連勝などを目指すのに何度も組み合わせを変えたり、欲しいポケモンを厳選したり(さすがに廃人ほどはせずに攻撃や特攻など必要最低限な値のみ)と、それで勝てるようになればやはり楽しいと思いました。

また、ストーリー攻略は別物で、そこでは愛着のあるポケモンでニックネームをつけて、個体値や努力値なんか気にせず育てて、シロガネ山のレッドを倒すまでにレベル上げしてずっと逃さずに連れ歩きます。金銀版のストーリーなんか本当に素晴らしかったので、何度もリセットして色々なポケモンでストーリーを遊んだりしました。

子どもが何も知らずに、かわいい、かっこいいポケモンで無邪気に遊ぶのも、大人が裏を知って本気で育成して最強と思う組み合わせを探して対人線の大会に出る。どちらもポケモンを好きで色んな意味で楽しんでいるのではないでしょうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。