アニメ『五等分の花嫁』ハーレムラブコメ観るならコレです!

ラブコメ全振りアニメ

この記事の画像は、TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページから引用しています。

正直ラブコメとか好まないタイプ

どうも、kotoです!

私はラブコメは正直あまり好まないタイプで、

今までにもいくつか見てきましたが、

あまりハマれなかったというのが本音です。

 

しかし、そんな中でも楽しめた作品である

アニメ『五等分の花嫁』のレビューをしていきたいと思います。

原作未読、ネタバレゼロの状態で

第1期のみ視聴が終了した状態でのレビュー記事です。

いつもどおり、良いところと悪いところに分けて

徹底レビューしていきたいと思います。

 

第1期のネタバレを含む記事となっておりますので、

ご注意ください。

良いところ

声優つよつよアニメ

このアニメでは、タイトル通りヒロインが5人登場しますが、

その声優がこのラインナップです。

  • 花澤香菜さん
  • 竹達彩奈さん
  • 伊藤美来さん
  • 佐倉綾音さん
  • 水瀬いのりさん

つよつよですね笑

 

声優さんで観るアニメ選んでる人は、

たいていこのアニメにはたどり着くのではないでしょうか。

 

キャラの可愛さをより一層引き立てます。

5人のキャラ設定が最高すぎる

ヒロイン5人のキャラ設定。

全てはコレに集結していると言っても過言ではない強みです。

 

 

先述した声優さんが演じるヒロイン5人は、

五つ子という設定でみんな同じ家に暮らしている姉妹です。

この5人の性格がそれぞれ良い感じに違ってます。

公式のキャラ設定を1文に要約しました。

長女 一花:面倒見の良いお姉さんキャラ

次女 二乃:強気な無愛想キャラ

三女 三玖:おとなしいミステリアスキャラ

四女 四葉:元気いっぱいムードメーカーキャラ

五女 五月:不器用だけど努力家な真面目キャラ

 

このようにいい具合にベクトルが分かれていて、

それぞれちゃんと可愛いのがすごいです。

 

これだけ性格が分かれている5人ですが、

それぞれ姉妹思いで仲が良いという設定も良きです。

五つ子という設定で誰が何女かこんがらがりそうですが、

名前に含まれる数字のおかげですんなり設定が入ってくる点や

主人公の呼び方がそれぞれ違うなども

なにげにポイント高いです。

主人公がいい意味で普通

ハーレムラブコメのジャンルでは、

主人公ってかなり重要だと思っています。

五等分の花嫁の主人公の上杉風太郎は、

良い塩梅のキャラ設定のように思えます。

ヒロイン5人がキャラが濃いので、

ちゃんとツッコめて、でも嫌いにならないテンション感で、

優しさと真面目さと賢さが常識人感あって、

でも薄めのキャラ設定なので、自己投影しやすいです。

 

あと、ハーレムものあるあるの鈍感シーン

ラブコメのアニメの中ではかなり自然な方で、

違和感なく見てられるのも好印象です。

見れるコメディシーン

ラブコメって、ジャンルの名前の通り、

恋愛の要素とコメディの要素とあるわけですが、

この五等分の花嫁のコメディシーンは、

ちゃんと楽しめるコメディとなっています。

ラブコメの中には、

このコメディが見てられないほど面白くないアニメもあり、

場合によっては、共感性羞恥を招くこともあるくらいですが、

 

このアニメの場合、コメディーシーンで

5人のヒロインの性格を説明していくので、

コメディシーンも退屈しません。

最大の伏線「誰が花嫁になるのか」

このアニメの縦軸として、

「誰が花嫁になるのか」という軸があります。

1話でヒロインとの結婚式の様子が描かれるのですが、

五つ子の容姿は酷似しているため、

その描写だけでは、誰との結婚式なのかわかりません。

 

視聴者は、主人公とヒロインの五つ子の日常を見ながら、

この中の誰と結婚するんだろう…と考察しながら

楽しむことが出来るわけです。

 

 

次のページでは、悪いところと採点!

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。