【徹底レビュー】映画『鬼滅の刃 無限列車編』は、正直あまり面白くないです。

この記事に使われている画像の引用元はすべてアニメ「鬼滅の刃」公式サイトからです。

原作は全巻読み終えてます。

ぜひ、鬼滅ファンの方も最後まで!

どうも、kotoです!

 

ようやく劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を見に行くことができました。

私はアニメをみて、更には原作まで全巻読み終えましたが、

鬼滅ハマらなかった勢です。どちらもこのブログに記事を上げるために完走しました笑

 

アニメ・原作それぞれのレビューも書いているのでぜひ見ていただきたいです!

↓アニメ1期レビュー

↓原作全巻レビュー

 

 

そして今回は、ついに映画!

 

興行収入の半端なさから『千と千尋の神隠し』と比較されるレベル。

 

 

 

今回もバカ正直に良かったところ悪かったところに分けて、

徹底考察していこうと思うので、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

以降、ネタバレ注意

良かったところ

やっぱり作画はこだわっている

アニメのときから作画は好評でしたが、

映画になり、より一層細かく表現されていてきれいでした。

特に戦闘シーン。

 

煉獄(れんごく)さんの繰り出す剣術から出る炎のタッチは、

『鬼滅の刃』らしい炎の表現で、和風な表現は健在。

 

メラメラとかっこいい演出でした。

 

 

 

猗窩座(あかざ)戦はとくに、見入ってしまい。

それぞれの技がとてもかっこよかったですよね。

 

 

また、鬼滅特有のキャラの外縁が極太な感じとか、

ギャグシーンのタッチとか、

原作『鬼滅の刃』感はしっかり残しつつの作画レベルぶち上げって感じで良きです。

迫力の音響

映画全編通して、音楽やSEが半端なくかっこよかったです。

もちろん主題歌である『炎』は、なんとも言えない悲しいエンドを飾る大事な役割を担っていたし、

回想シーンの儚い雰囲気のBGMとか、

猗窩座登場のとんでもないやつ来た感あるBGMとか

かっこよかったですよね。

 

 

 

そして、各々の剣術から繰り出される技の大迫力SEは、

立体音響フル活用な感じ(詳しい知識はない)で、

まるで自分もが列車の中にいるかのような感覚になれる瞬間もありました。

 

控えめに言ってすごいです。

それぞれのキャラと家族の絆

無限列車編では、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助、煉獄さんの5人にフォーカスを絞っています。

 

その中で善逸、伊之助、禰豆子は控えめ出演で、

炭治郎と煉獄さんの夢を通して過去を回想し、深堀りしていくような感じ。

 

 

ここにしっかり時間を使えたのは、続きをアニメでやることも考慮すればかなりいい判断と言えるでしょう。

 

ここまでのストーリーを知らない人は考慮しないくらいの潔いまとめ方と、

場所が全編列車周辺で完結しているところから、

かなりわかりやすくまとまっている印象です。

 

 

回想の物語を通じて炭治郎・煉獄の両家の事情を知った上で、

W長男の家族への思い・絆を見て感動しました。

よ!鬼滅節!

鬼滅の刃の良いところとしてよく挙げられるものの一つとして、

『認め合い』というのがあります。

 

今回の映画の中でも、

煉獄さんは炭治郎らを弟子にしてやると受け入れ、

列車の鬼、魘夢(えんむ)もそれぞれ鬼殺隊の戦いっぷりを認めた上で上限の鬼に敵わないと認め、

猗窩座も煉獄さんを認めて戦います。

 

 

認めて認めて受け入れて。でも価値観のズレから戦いになる。

この感じは鬼滅の刃の良いところですよね。

その他良かったところ

・善逸がうるさいシーンは控えめ

アニメで酷評だった善逸くんのボケシーン。

ピーギャーわめいてうるさいだけで面白くないとの意見が多かったです。

 

 

しかし映画では、戦闘中はずっと眠っており下弦の壱である魘夢討伐後も、禰豆子と避難で煉獄さんとの絡みはなしでした。

 

煉獄さんには最後まで名前を覚えてもらえず黄色の子呼ばわりでしたね笑

・子供ウケが良さそうなボケシーンはしっかりと

良いところと言うべきなのかわからないですが、

善逸や伊之助の回想(夢の中や無意識領域)は、完全にギャグパートで子どもたちはケラケラと楽しく笑えるシーンだったのかもしれません。

 

善逸の無意識領域や、夢から目覚めてないのに戦えてる感じは

少し面白かったです笑

 

・列車での戦闘シーンで少し表現が変わっている

列車の戦闘シーンが原作とは少し異なっていました。

 

原作では、先頭車両での戦闘は室内に留まっていた気がするんですが、

映画ではどんどん姿を変えていき、巨大化し、

屋外にまで触手(?)が大きく伸びていました。

 

 

列車内で続くアクションを飽きさせないための演出だったのかもしれません。

 

・なんだかんだ他の柱や同期はちら出ししてくれている。

5人にフォーカスを絞り、特に炭治郎と煉獄さんを深堀りしていると書きましたが、終盤にほかの柱や、同期メンバーがちらっと顔を出してくれます。

 

アニメや原作を見て来てる人からするとちょっぴり嬉しいですよね!

 

 

次のページでは、悪かったところをガッツリまとめてます!

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。