【レビュー】アニメ『PSYCHO-PASS』は実は変わった作品です。

絶対好きと勧められた作品

一風変わった作品なんです

どうも、こーとーです!

当サイトでは、アニメを徹底レビュー、考察し、

評価をしています。

 

過去のレビュー記事をいくつか見た友人から

絶対好きだから見てほしいと言われた作品が

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』でした。

 

勧めてくれただけあって、とても楽しめた作品ですが、

実は他のアニメ作品と比べて一風変わったアニメに感じたので

そのへんもレビューしていけたらなと思っています。

 

今回は、アニメ1期を見終えた時点でのレビューです。

アニメ1期のネタバレがありますのでお気をつけください。

良いところ

シビュラシステムに統治された国

PSYCHO-PASSはなんと言っても、

設定が秀逸なアニメでした。

 

包括的生涯福祉支援システムシビュラシステム

によってあらゆす心理状態や性格傾向を数値化する時代のお話

この時代の警察は、犯罪を犯した者はもちろん、

シビュラシステムによって”潜在犯”と数値判定された者まで

取り締まっています。

 

 

このアニメの変わったところは、

シビュラシステムとは一体何なのか、

槙島を捕まえることができるのか、

などの縦軸の隣で、

 

人間の精神面(集団心理や犯罪心理)についてや、

安心安全な社会とは何なのか、

正義・悪とは何なのか。

 

といった哲学チックな問に直面しながら

成長していくキャラたちの心理状態を描いた

アニメになっています。

 

近未来のシステムに守られた社会という舞台で

人間の揺れ動く心理状態を見ることができる

哲学チックな変わったアニメなんですね。

監視官と執行官

監視官執行官

この関係性が面白すぎました。

執行官は潜在犯。

システムによって犯罪を起こしかねないと

判定された人たち。

 

どちらかというと執行官のほうが、

犯罪に対する動き方もシビュラに対する考え方も

熟練されているにもかかわらず、

監視官の監視下のもとでないと活動できないんですね。

 

元監視官として働いていた狡噛のことを考えると、

今監視官で働いている人も

執行官(潜在犯)になる可能性は大いにあるんだなと

ちらつかされましたね笑

事件の着眼点と絶妙なリアル感

1期では、これらの事件を処理してきました。

  • 強姦魔事件
  • ドローン工場変死体事件
  • アバター乗っ取り事件
  • 女子高生標本化事件

などなど、たくさんの事件を処理してきました。

 

朱ちゃん大変だったね…

 

 

シビュラシステムによって

潜在犯に認定されてしまって

後がないから強姦したり、

 

ドローン工場施設内のいじめによるストレス

のケアの対象が殺人であったり、

 

シビュラシステムという存在と犯罪の心理が

狂気じみてはいるんだけども、

しっかり人間的で、リアリティがあります。

 

 

次のページでは悪いところについてまとめています。

1 2

1 COMMENT

越前佑介

うみねこのなく頃に のレビューはしてらっしゃらないんですね。
こーとーさんのレビューを初めて拝見して面白くて納得できましたので、自身が大好きな作品のレビューはあるかなあと検索しました。
可能であれば、いつかはこーとーさんの文章で うみねこ のレビューが見てみたいです。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。