タイムリープが好きならアニメ『STEINS;GATE』を見ろ!

絶賛アニメフィーバー

どうも、kotoです!

新型コロナウイルスの感染拡大防止の流れで

家での時間が増えた方もいるかと思います。

 

皆さんはお家でどのように過ごしてますか?

 

 

 

僕は、元からインドアなタイプなので、

ブログ書いたり、YouTubeを見たりと

あまり変わらない毎日を送っているのですが、

最近は特に、アニメを見る時間が増えました。

 

今回は、最近イッキ見したアニメSTEINS;GATE

(シュタインズゲート)を紹介したいと思います。

簡単なあらすじ

まず、このアニメがどんなアニメかというと、

 

偶然出来上がってしまったタイムマシンによって振り回される話です。

 

過去を改変して理想の未来にしていく、いわゆるタイムリープもの

 

結論から言うと、俺はメッチャクチャ好きなアニメでした!

最近気に入ってた約ネバに匹敵するくらいのハマり具合です!

ですが、このアニメは1癖2癖あるようなアニメなので、

そのへんを話していきたいと思います笑

 

このアニメはネタバレがない状態のほうが楽しめるかと思いますので、

まだ見てない方はぜひフラットな状態での視聴をおすすめします!

 

あ、ちょっとまって!

12話まではつまらなく感じても見てほしいな…☆笑

ここからは、ネタバレ注意です!

良いところ

恐怖感、ハラハラ感、ドキドキ感、絶望感…

このアニメのすごいところはなんと言ってもストーリー性で、

タイムリープを中心に、恐怖感絶望感をこの上なく出せていると思います。

タイムリープにおけるバタフライ効果

うまく表現することが出来ているので、

段々と後戻りできなくなってくる不安感がすごいです。

先にDメールが出来てしまうんだよね

主人公はサークルのような形で

未来ガジェット研究所という研究室(と呼ぶには値しない)を設立し

グダグダと研究ごっこをしていたのですが、

ひょんなことから過去にメールを送ることができる

Dメール(デロリアンメール)の開発に成功してしまい、

興味本位で過去への干渉を繰り返しました。

その結果、世界を巻き込むレベルの悲劇を引き起こして

それを後に完成するタイムリープマシンを使って

戻していこうという物語。

 

Dメールによって変えてしまった過去を

タイムリープで一つずつキャンセルしていく中でのドラマ。

本当によく出来た構成です。

腰を据えた2クール構成

あえて良いところとして話しますが、

このアニメは全24話なのにも関わらず、

キーアイテムであるタイムリープマシンが

ちゃんと登場するのは12話です笑

 

このアニメの構成は、

前半は過去から未来へ 後半は未来から過去へ

時間を巻き戻していくような構成になっています。

この腰を据えた2クール構成によって

重厚なストーリー、しっかりとしたキャラの掘り下げ、

徹底的な伏線のバラマキと回収。

これらを成し遂げています。

 

また、終盤、死の運命にとらわれる椎名まゆり牧瀬紅莉栖

この二人のどちらも助けるのがなかなかできないところなども

良いストーリーです。

声優さんの演技力

個性豊かなキャラクターたちが出てきますが、

声優さんの演技があっぱれでした。

オカリンの中二病(なんだけど実は常人なところ)

ダルのオタク(なんだけど知的なところ)

のような感じで、内面的な性格も

うまく表現されていたように感じます。

 

強すぎる位のキャラ設定もストーリーに絡んできて、

オカリンの中二病も終盤はむしろ欲するくらいの

何なら重みを感じるくらいの展開があって最高でした。

なんだかんだ恋愛がアツイ!

中二病全開でろくに友達もいなかった主人公

岡部倫太郎(オカリン)が恋愛なんて考えもしませんでしたが、

危険なタイムリープを繰り返す姿をみたヒロインの一人

牧瀬紅莉栖となんだかいい感じになります。

話の背景が相まって本当に切ないラブストーリーも

物語のサブストーリーとして大きな役割を果たしています。

 

 

次のページでは悪いところをまとめています。

1 2

1 COMMENT

ブラウン

常考は「jk」と表記するんですよ。
〜だろjk って流行ってたんですけどねー

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。