アニメ『東京リベンジャーズ』が大流行している理由

この記事内の画像は、TVアニメ『東京リベンジャーズ』公式サイトから引用しています。

今流行っているアニメと言えばこれ

ヤンキー漫画が幅広い世代で大流行!?

どうも、kotoです!

鬼滅の刃、呪術廻戦…とアニメの流行が

目まぐるしく変わっていくこの頃、

最近一番勢いがあるアニメを挙げていくなら

『東京リベンジャーズ』は間違いなく挙がるでしょう。

東京リベンジャーズの原作は、

週刊少年マガジンに連載されている漫画で、

ジャンルはいわゆるヤンキー漫画

 

なぜヤンキー漫画がここまでの絶大な人気を誇るアニメになったのか。

視聴後の感想をいつものごとく”いいところ””わるいところ”に分けて

まとめていきながら考察していきたいと思います。

 

『東京リベンジャーズ』の1期1クール分(12話まで)

までのネタバレがあるのでお気をつけください。

いいところ

ヤンキー✕タイムリープ

先程このアニメのジャンルについてヤンキー漫画とお話しましたが、

単なるヤンキー漫画ではありません。

 

主人公の花垣武道(たけみっち)は、現在26歳。

冴えないフリーター男子で怠惰な生活を送っています。

そんな彼が、ひょんな事をきっかけに

自分の意志でタイムリープすることができるようになります。

タイムリープ先は12年前、その頃の自分はヤンキー中学生!

って感じでヤンキータイムリープを両立させています。

 

たしかに今までに見たことなかった組み合わせ。

私の場合は、ヤンキー漫画はあまり見てこなかったタイプですが、

タイムリープものは好物です。

 

ジャンル的になかった組み合わせをすることで、

両者のファンを獲得することができたところはあるかもしれません。

目的が明白

主人公はなんのためにタイムリープの能力を使い、

12年前に戻るのかというと、

当時たけみっちが付き合っていた橘日向

とある事件に巻き込まれて

死んでしまうというバッドエンドを変えるため。

過去を変えて思い通りの世界線にするという

タイムリープあるあるの目的です。

 

この縦軸が1話でしっかり視聴者に埋め込まれるので、

飽きずに見ることができます。

主人公が雑魚

主人公のたけみっちはヤンキーですが雑魚です笑

でもこれってホント大事で、

タイムリープ出来る主人公が腕っぷしも強かったら

いわゆる”俺TUEEE系”です。

 

「オレが変わらないと何も変えれない」とたけみっちが言うように

この物語は、主人公のリベンジマッチであり、

彼の成長を見ることが出来ます。

ヒロインを助けるために過去に戻って成し遂げなければいけない

ミッションはどれも難しすぎる内容ばかりで、

一見無謀なチャレンジに果敢に挑む姿がこのアニメの見どころです。

 

 

 

次のページでは、

まだまだ続く東リベのいいところ!

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。