【レビュー】設定がスゴすぎる!約束のネバーランドを見てくれ!

この記事で使われている画像はすべてTVアニメ「約束のネバーランド」公式サイトからの引用です。

同じ”鬼”漫画でも、こうも違う…

どうも、こーとーです。

この間、アニメ『鬼滅の刃』を酷評しました笑

この記事も面白いので、ぜひ読んでみてほしいのですが、

今回は、鬼滅の刃と同じく、『鬼』が出てくるジャンプ漫画、

『約束のネバーランド』について語っていこうと思います!

実写映画化で話題の『約束のネバーランド』

映画コケないか心配っすねぇ

約束のネバーランド略して約ネバは、

僕がドハマリして、単行本で読んでいっている作品です。

なんか流行ってるから鬼滅見てみたけどそうでもだったなぁー

なんて人には絶対に見てもらいたいです。

 

アニメ一期が終わり、実写映画化、アニメ二期ととても勢いのある作品ですが、実写映画化がやはり賛否両論な雰囲気ですね…(皆さんはどう思われますか?)

 

 

実写映画公開間近!ということで、

今回はアニメ1期について考察&レビューをしていきたいと思います!

まずは、楽しめる人、楽しめない人を箇条書きでまとめます!

 

約ネバを楽しめる人

約束のネバーランドが楽しめると思う人を箇条書きで上げてみます。

  • 脱獄モノが好き
  • 頭脳戦が好き
  • ダークなストーリーが好き

約ネバを楽しめない人

逆に約束のネバーランドを楽しめない人を箇条書きで上げると、

  • 難しい話はよくわかんない!
  • 綺麗事だいっきらい!
  • ホラーやダークなストーリーは嫌い!

って感じですかね。

 

 

この作品はミステリー要素もあるので、ネタバレは禁物!

 

自分は楽しめそうだ!って思った人は、

ぜひ、すべてのネタバレを回避してアニメを見に行ってほしいです!

 

以降ネタバレを含むので注意

アニメ『約束のネバーランド』の良いところ

冒頭から植え付けられる”違和感”という伏線

冒頭は、とても幸せに暮らしているように見える孤児院の様子が描かれるのですが、そのシーンから「これはなんだろう?」というポイントがたくさん出てきます。

  • 門や敷地を囲っている柵に近づいてはダメ
  • 謎の設備で謎のテスト
  • ママやエマたちに首に記された6桁の数字
  • 12歳までに必ず里親が決まる。
  • 里親の元へ行った仲間たちから連絡がない→殺されていた
  • あの鬼の正体は???

 

これらは、いままでエマたちは当たり前だと信じて疑わなかったことがほとんど。

読者はそんなたくさんの違和感(伏線)を持ちながら、

コニーの死を見ることになります。

 

 

いい意味で、わかりやすく、追い続けやすい伏線が散りばめられていて、

意外と難しい内容になってないのが約ネバのすごいところ。

 

伏線玄人には、子どもたちの容姿がなんとなくそれぞれ誰かに似ているなぁ。ってところなんかは冒頭から見つけることができ、終盤まで引っ張ることができる奥深い伏線もあるので、そっちはそっちで楽しめます笑

 

 

もちろん、脱走計画が進んでいけば行くほど、

新たな謎、伏線がボンッボン出てきます。

 

 

まだまだ続く、約ネバのいいところ!

1 2 3

2 COMMENTS

FH

僕も約ネバは最初から今までずっと好きで、何回も単行本読むんですが6巻の48ページの1コマめやばいです!!!!

返信する
こーとー

コメントありがとうございます!
ゾクゾク来る一コマが多いですよね!
6巻のあたりは第二期のアニメで描かれるかと思われるので、アニメの方も楽しみです…!!
約ネバファンとして、見届けましょう!

返信する

FH へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。