【約ネバ2期】第3話レビュー「地下シェルターを発見」

約ネバ。徹底レビューしていきます。

今回は第3話!

どうも、kotoです!

 

原作も読破している私が、

アニメ『約束のネバーランド』第2シーズンを各回ごとに

レビュー記事を上げていってます。

これまでのレビュー記事を見てない人は是非こちらからどうぞ!

 

第1話レビュー「大丈夫!ただの鬼ごっこだよ!」

第2話レビュー「ムジカとソンジュ」

この記事は、アニメシーズン2の3話までのネタバレを含みますので

お気をつけください!

 

それでは、

アニメ『約束のネバーランド』【シーズン2】第3話

のレビュースタート!

いざ、目的地へ!

ムジカ、ソンジュとの別れ

写真見て家族の話をしたり、チェスで遊んだり、

なんだかめちゃくちゃ仲良しになってて微笑ましかったですよね。

 

お別れのときも、年少陣はもう少し一緒に居たいって言ったりと

かなり別れを惜しんでいました。

 

ソンジュからは鬼と遭遇したときの対処法

ムジカからはペンダントをもらいました。

 

このペンダントなんだか意味ありそうですよねー…

 

 

シェルターの発見

ミネルヴァのペンを頼りに目的地についたエマ一行は、

目的地に何もないことに一瞬頭を悩ませましたが、

 

なんだかんだすぐに

地下シェルターがあることを発見します。

 

中に入っていみると、

誰か居た痕跡はあるものの誰も住んでいませんでしたね。

 

 

きれいなキッチンやお風呂、

畑や食料庫、監視カメラのモニタールーム

ピアノのうらにある隠し部屋など、

コレ以上無い設備でした。

個人的に好きなシーン

チーム男子の入浴シーン、

ドンのお兄ちゃんぶりが微笑ましかったです。

原作との違い

シェルターの中

ピアノの奥に隠し部屋がありましたが、アニメではただの物置でしたね。

あそこ、原作では武器庫でした。

 

今までは弓を持ってましたが、

コレ以降は、銃を持って活動していくのですが、

アニメではそうではないようです。

 

さらに、アニメではシェルターの中に誰もいませんでしたが、

原作では、ユウゴというエマたちよりそこそこ歳上の

髭をはやしたおじさんがいました。

 

実はそのおじさんに、鬼の倒し方や戦うためのノウハウを教わります。

ユウゴはいつ、どのように登場するのでしょうか。

 

ソンジュが鬼の弱点を伝授

ユウゴと出会わない代わりに、

ソンジュが鬼の弱点が目であることを教えてくれます。

 

ソンジュ自身が鬼であるというのになんとも不自然なアニメオリジナルです。

 

 

また、本来この情報はシェルターで出会うユウゴから教わることだったので、

ユウゴが登場しない疑惑が出てきました。

 

こうなってくると、狩猟編が全カットの可能性が出てくるわけですね。

となってくると、GPのキャラは全員いないことになるのでしょうか…

正直言ってエグいですね。

この原作のネタバレを避ける方に

わかりやすくどんな原作改変が入ったかと言うと、

 

「鬼滅で例えると、アニメ1期から、映画”無限列車編”をなかったことにして、アニメ2期が始まるようなもので、原作では大活躍だった煉獄さんがアニメでは登場しないようなもの」

 

ある方の例えを使わせていただきましたが、

まさにそのとおりだと思います。

 

 

まぁ、今の段階では別の登場の仕方にしているかもしれないので、

わかりません。

 

 

まとめ

大幅な原作改変

コレまでにもちょくちょく原作をカットしたり、

逆にアニオリが足されていたりはあったのですが、

 

ここで完全にシナリオを大きく変える原作改変がありました。

 

 

今後、どのようにしていくのかわかりませんが、

 

これだけ大きく変えるのだから、

原作とは違ったイフストーリーとしてもっと面白くなるような

シナリオを用意しているのではないかと逆に期待しています笑

 

これで、ほんとにただただカットしただけだったとすれば、

かなりの低評価になることは間違いなしです。

一緒に見ていこう!

これからも1話ごとに記事を上げていくつもりですので、

1話見たらコトブログ、1話見たらコトブログと読んでいただけると、

より楽しめると思います!

 

ぜひ、ブックマークなどして更新を見逃さないようお願いします!

第4話のレビューはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。