【レビュー】アニメ『呪術廻戦』が、良キャラばっかで最高すぎる!

両面宿儺という妖怪

このアニメの両面宿儺という絶対的呪霊の存在はかなり良いポイントでした。

 

この絶対的な敵キャラってどのバトル系アニメにもありがちなんですが、

そこを、日本書紀に実際に登場する妖怪の神的存在である両面宿儺をピックアップしたところは、さすがやなと思います。

 

 

両面宿儺という妖怪を使って、他の呪い系、妖怪系アニメとは完全に線引した感じがあるし、

 

聞き慣れないその名前、漢字のおどろおどろしさ。

アニメの雰囲気をグッと引き立ててます。

 

 

そして、作中この宿儺を取り込んだ虎杖は、

ピンチになると宿儺に協力を求めたり、助けてもらったりするシーンがあります。

 

その対価が”縛り”

このワードは必ず今後に影響するし、大きな伏線となっています。

 

ちなみに、13話までで結んだ”縛り”は、こんなのでした。

「宿儺が『契闊』と唱えたら1分間、肉体を明け渡すこと」

「この契約を虎杖自身は忘れる」

 

 

 

虎杖の蘇生と引き換えに結んだこの条件。

契約を忘れさせているあたりが、とても怖いですよね。

どうなることやら…

呪術アクション

呪術高専関係の皆さんは、

呪術を使ったり使わなかったりしながら戦っていくわけですが、

各々その呪術の形は様々で、

 

伏黒のような式神を召喚するパターンであったり、

釘先のような専用武器があったり、

ななみんのように急所をつくる特異な能力があったり、

 

みていて飽きないバトルでした。

 

あと、カット割りやカメラワークなどの演出面もとてもよく、

引き込まれるアクションって感じでした。

虎杖に迫られる選択肢

そもそも、この『呪術廻戦』の物語は、

主人公の虎杖が、宿儺の指を食べてしまったところから始まるわけです。

 

宿儺の魂を宿した虎杖は、

今すぐ”死ぬ”か、

宿儺の指をすべて食べてから”死ぬ”か

”死ぬ”か”死ぬ”かの二択に迫られ、後者を選択しました。

虎杖は「自分の正しい死」を目指して戦うというかなり難しい展開。

 

 

なにか飛躍的な展開がない限りは、

虎杖の死を持って終わるこのストーリー。

 

常に絶望感を目元の宿儺に背負いながら

人間関係が構築されていくのが残酷すぎて良きです。

呪霊の正体

呪霊は畏怖から生まれているという設定が良きでした。

幽霊とかオバケとか呪いとか。

そのへんの類って、確かに”恐れ”から人が勝手に作り上げてしまったもののような気もします。

 

人が何かを恐れることってたくさんあって、

やっぱり自然に対する恐れって大きいから、

漏瑚や花御など自然が根源のものはめちゃくちゃ強いです。

漏瑚さんは五条先生にあっさりやられてたけど、

五条先生がハチャメチャに強すぎるだけやもんね。

 

 

さらに、真人は人が人を恐れる感情から生まれた呪霊。

真実の人と書いて真人。彼がめちゃくちゃ強いのは皮肉ですね。

この設定はかなり好きです。

 

 

アニメではかなりいい勝負まで持ち込めてましたが、

絶対に脅威になること間違いないだろうなと思いました。

じゅじゅさんぽ

何気に毎回見たED後のおまけ。

ほのぼのタッチでギャグ要素強め。

今まで見てきたアニメのおまけの中でも

かなり面白く見れました。

 

アニメ全体的に受け入れやすいギャグセンスで良きです。

 

あと、第12話じゅじゅさんぽで、

黒ひげで遊んでいた怪物たちが13話で登場したりと

ちょっとした仕掛けもありました。

 

個人的ヒットは5話のじゅじゅさんぽ

お・ひ・さ・ま….

吉野順平がキーマン

吉野順平はこの第1クールではかなりキーマン的立ち位置でしたね。

 

ざっくり彼の役割は、

真人と虎杖をつなげる役割でした。

順平を追いながら真人がどれだけ邪悪な人なのかが分かります。

そして、呪力が宿り、考えが変わり、

普段いじめを働いていた主犯を襲います。

 

そこに虎杖が止めに入って

順平VS虎杖 スタート

結果は虎杖の勝ちでしたね。

 

もっとクラゲの式神、澱月(おりづき)を使いこなせるようになれば、

危ない存在だったかもしれません。

そして、戦いが終わる時、仲間になろうと順平を誘い、

誰もが順平&虎杖で真人を倒すのだなと思った瞬間、

真人登場で、無為転変。順平はしっかり怪物になってました。

 

 

この展開から、どんなキャラも案外あっさり殺してしまうアニメであることがわかったというか。

予想どおりにはいかないアニメだなと思いました。

 

その後、学校では、順平は死んだのではなく転校したということになってましたが、本当にあのまま元の姿には戻れなかったんでしょうか…

 

無為転変から戻る代償に記憶をなくす的な感じで

京都校に転校とかしてたら面白いのにね。

 

 

OPテーマの仕掛けで、順平が呪術高専の制服を着て虎杖らと仲良さそうにしてるところは、胸が痛みます…

 

 

次のページでは、呪術廻戦の悪いところまとめ!

1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。